安眠方法と不眠症対策TOP > 睡眠と眠りの雑学 > 睡眠と夢の不思議

睡眠と夢について

 
睡眠と夢について考えてみたいと思います。

実はこれだけ科学が発達しながら、なぜ睡眠時に夢を見るのか明確にはわかっていません。でもおそらく、こういう理由だろうということは分かっています。

睡眠時の夢は、脳が活動的になっているレム睡眠のときに多く現れます。深いノンレム睡眠のときは、まったく夢を見ないということはありませんが、イメージにとぼしく、無機質な夢となります。

とはいっても、かならずレム睡眠で夢を見るとはかぎりません。
世の中には、よく夢を見るという人と、ほとんど夢を見ないという人がいます。よく夢を見る人というのは、右脳が主体の人で、想像力、独創性に富んでいる人です。どちらかというと文系であり、ものごとを楽観的に捉える人だそうです。こういった右脳志向の人は、ものを考えるとき、目が左に向くといわれています。

いっぽうレム睡眠に夢をほとんど見ないという人は、左脳主体の人で、ものごとを論理的、理知的に筋道立てて考えることが得意な人です。どちらかというと理系であり、真面目な人が多いようです。こうした左脳優位の人が思考するときは、目が右方向を向くといわれています。右脳志向の人は、左脳思考の人の2倍も多くの時間、夢を見るといわれています。

レム睡眠中にも目がキョロキョロ動くことはご存じだと思います。
レム睡眠時は、脳が活発になって覚醒に近いため、目も動くのです。目は発生学的に脳の一部であるためです。ノンレム睡眠のときは、大脳が全体的に機能低下しているので、目も上を向いたまま(白目をむいたまま)動きません。

睡眠の夢というのは、寝る前の1日に起こった強烈な印象の影響を受けます。とくに際立った出来事や、晩に見た映画のシーンが関係していると感じたことは誰にでもあると思います。

なぜ睡眠中に夢を見るのかは、一説には、大脳の記憶の整理や、心のメンテナンスといわれています。記憶を配置しなおすときに、ランダムに刺激されるために、突拍子もない物語が形成されるのでしょうか?とにかく普段経験しないような、意外な夢が多いものです。なかには、おそろしくうなされる悪夢もあります。

夢を見るのは、実生活では体験できないようなことをシミュレーションしているともいわれています。実際に起きるときに備えて、脳が疑似体験しているというのです。よく大変な夢を見て、じつは夢であって、ほっとしたという経験をします。これなどは、実生活で行動を抑制する効果があるのかもしれません。

世の中には、自分の見たい夢を睡眠中に見ることができる人がいます。
夢を見ているときに、「今、自分は夢の最中である」と分かるというのです。こうした夢を明晰夢(めいせきむ)といいます。

夢研究の権威であるステファン・ラバージ教授によると、誰でも訓練すれば明晰夢を見れるようになり、自在にコントロールできるようになるといいます。もし睡眠中に明晰夢が見れるようになったら、第二の人生を歩むように、別の世界を毎晩現出させることもできるかもしれませんね。イメージ的には、ネットで流行している「セカンドライフ」のような感じがあります。睡眠研究が進んでくれば、明晰夢が簡単に見れる装置「夢カプセル」が販売されるかもしれませんね。

幼少時や子供のころは、脳の発達のためにレム睡眠が長くなっています。そのぶん睡眠時に夢をたくさん見ます。大人になるにつれて、脳が完成し、レム睡眠の時間も減少してきます。それでも一晩のトータルでレム睡眠は2時間ほどあるので、人は毎晩映画一本分の夢を見ているといっても過言ではありません。

なかには交通事故で眠らなくなった人とか、夢を全く見なくなった人もいますが、健康に過ごしているそうです。とはいっても睡眠に夢は欠かせません。まったく無意味なものが存在するわけはないからです。
不眠症で悩んでいるならご参考に↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら