安眠方法と不眠症対策TOP > 短時間睡眠の方法を考える > 睡眠時間が短い人〜ショートスリーパー

睡眠時間が短い人について

 
睡眠時間が短い人のことを一般に、ショートスリーパー(短時間睡眠者)と呼んでいます。通常の成人は7時間から8時間の睡眠を取ると、よく眠れたと感じますが、睡眠時間が短い人は、6時間以下の睡眠でも熟睡感があります。もっとレベルが高くなると、ナポレオンやエジソンのように3時間程度の睡眠でも、深い眠りを得られるようです。

睡眠時間が短い人がいるように、睡眠時間が長い人も存在します。
こういった人のことをロングスリーパー(長時間睡眠者)といいます。9時間とか10時間くらい睡眠を取らないと、寝た気がしないという人たちです。

睡眠時間が短いとか長いというのは、生まれつきの体質であり、遺伝であることが多いようです。というのは短眠家系というものがあるからです。

そのため、あの人は睡眠時間が短くて、有効に時間を使えてうらやましいと思っても仕方のないことです。根本は体質であり、遺伝であるからです。

そのうえで世の中には、短時間睡眠のコツがあります。
ヨガ系の自己啓発書などに書かれていたりします。整体によって、体のゆがみを矯正してリラックスしたり、小食や断食によって内臓を休めると、睡眠時間が少なくても熟睡できるようになるというわけです。真偽はともかくとして・・・。

最新の睡眠科学の立場から論じれば、質の良い睡眠を取ることができれば、睡眠時間が短い毎日でも、十分パフォーマンスを高く保つことが可能です。たとえば起床と就寝の時間を一定にすることによって、体内リズムが整い、質のよい眠りが得られます。これが夜寝れない悩みを解決する、もっとも基本となるコツです。

睡眠時間が短い人の脳の状態をみれば、短時間のうちに脳のメンテナンスや疲労回復、免疫力のアップによる体の修復、心のメンテナンスなどをすべてすばやく、効率的に行なっているわけです。かなり効率がよく、濃縮された睡眠ということができますね。

睡眠時間が短い人は、注意深く見ていると、昼間に何度もこまめな昼寝とか居眠りをしているようです。ナポレオンも居眠りをたくさんしていたという話もあります。そう考えると、短い睡眠の人は、居眠りが上手な人ともいえます。わずかな時間であっても、脳が休まるので、短い時間でも十分なのでしょう。というかメインの眠りが3時間睡眠に短縮されているので、昼間に目をちょっと閉じただけでも、深い眠り、濃厚な居眠りができるのでしょう。

夜に3時間程度寝て、そのあいだにノンレム睡眠によって成長ホルモンを分泌させて、体をメンテナンス。昼間の居眠り(ノンレム睡眠に到達する手前の、”レム様睡眠”というか浅い眠り)によって、脳の記憶の整理やうつ病の予防といった、心のメンテナンスを行なっているというのが実態ではないでしょうか。
不眠症で悩んでいるならご参考に↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら