安眠方法と不眠症対策TOP > 短時間睡眠の方法を考える

短時間睡眠の方法について

 
短時間睡眠の方法が今や自己啓発書などで、ひそかなブームとなっています。
ナポレオンが2〜3時間しか寝なかったということから、3時間睡眠が短時間睡眠の王道のような感があります。

短時間睡眠の方法は、正しい知識を持って行なわなければ、かえって健康を害する結果となるので、注意しましょう。

短時間睡眠の方法は、睡眠時間が減ることですから、それだけ自由に使える時間が増えるということになります。これは資格試験に励んでいるビジネスパーソンにとっては、とても魅力的ですね。また睡眠は無駄なものと感じている人も世の中にいて、そういう人にとっては、短時間睡眠の方法は、とても興味があることでしょう。

短時間睡眠の方法は可能なのか、健康を害さない最低限の睡眠時間とは何時間なのか、短い睡眠でスッキリ目覚めるためのコツなどを解説します。

短時間睡眠法について〜3時間睡眠など

短時間睡眠法とは、その名のごとく睡眠時間を減らすことです。たとえば4時間睡眠とか3時間睡眠とかですね。3時間以下の眠りは、あまり耳にしません。そのため短時間睡眠法という...

睡眠時間が短い人〜ショートスリーパー

睡眠時間が短い人のことを一般に、ショートスリーパー(短時間睡眠者)と呼んでいます。通常の成人は7時間から8時間の睡眠を取ると、よく眠れたと感じますが、睡眠時間が短い人は、6時間以下...

睡眠時間を短縮する危険性とは?

睡眠時間を短縮するノウハウが巷に流行しています。たとえば3時間睡眠などです。これはナポレオンやエジソンが短い睡眠でも活発に活動して実績を残したことが由来です。本来、医学...

夜勤と睡眠時間を考える

夜勤は睡眠時間が不足しがちです。たしかに夜勤という勤務形態は、時間が不規則で、地球の自転リズムに反しており、健康にとってはよくないかもしれません。しかし社会自体が看護士、トラッ...

時差ぼけの治し方と解消法

時差ぼけの治し方と予防法について解説していきます。時差ぼけというのは、ご存じのように海外旅行のさいに発生します。縦に長い日本列島にいるかぎりは、時差ぼけは発生しません。夜勤...

 

不眠症で悩んでいるならご参考に↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら